日販物流サービス

  • HOME
  • 輸送部
  • 倉庫部
  • 製函部
  • 会社概要

倉庫部

HOME > 倉庫部

  • 倉庫部

倉庫部

出版流通の実績、信頼、ネットワークを活かした物流サービスを提供

商品は、製造元(メーカー)から注文主(顧客)まで、一直線に運ばれることは稀です。
正確、安全、迅速、効率的な送品を実現するためには、一度拠点に納め、保管、検品、仕分け、ピッキング、梱包などの作業を経て出荷することが通常の物流です。弊社は、日販グループの一員として、出版物の物流業務において長年の実績とお客様からの信頼、輸配送のネットワークを保持しております。埼玉県内二カ所の広大な物流センターを拠点に、60社の出版社様の870万冊にのぼる出版物をお預かりしており、出版物以外にも大学の通信教育教材や、音楽・映像関連商品、電子機器、玩具、ファンシー商品、ネット通販商品などの入庫、保管、梱包作業を受託し、国内および海外に向けた発送業務をトータル的にご提供いたします。

事業の特徴

日販物流サービス4つの特徴

業務内容

倉庫業務

取引出版社数:60社、保管商品数:870万冊

入出庫、検品、保管、仕分け、ピッキング、梱包、発送業務

埼玉県内二カ所の物流センターにおいて、商品の入庫から保管、梱包、発送までの業務を製函部、輸送部の協力体制の下でトータル的に行います。

ネット通販商品の仕分け、輸配送業務

ネット通販商品の全国向け発送業務における各方面別仕分けの迅速化と輸配送ネットワークの連携により、受注からお届け先に到着するまでの時間を短縮させます。

海外の店舗、企業、個人宛て発送業務

海外に拠点を置く日本の企業、駐在員及びご家族の方々宛に書籍、雑誌等の商品をお送りするために、空輸、海運業者との提携による海外向け物流業務を行います。

大学の通信教育教材の個別発送に伴う情報管理業務

大学、短期大学の通信教育教材や各大学からの案内文書、小冊子等のダイレクトメールの個人宛発送業務において、個人情報の管理をシステムの運用により行います。

朝霞センター

朝霞センター

蓮田センター

蓮田センター

自動仕分機

自動仕分機

・ 埼玉県内に10,000坪の倉庫スペースを所有 (朝霞センター 6,200坪、蓮田センター 3,900坪)
・ 出版取次納品用自動仕分機完備
・ 個人宛発送業務における個人情報管理システム完備
・ 独自の翌日配送便における対象エリアの拡大と仕分け検品システム導入

倉庫代行基本業務内容